消費者金融と総量規制

消費者金融は銀行カードローンと比べて、金利が高い分、審査に通りやすく、融資までのスピードが早いという特徴があります。長期的に見るならともかく、急ぎでお金が必要になった時には、消費者金融は便利です。

 

金利などの条件ももちろん重要ですが、とりあえず必要な期限までに借りられるかどうかの方が重要です。急なトラブルでお金が必要な、緊急な事態の時には、消費者金融の方に安定感があります。

 

ただし、消費者金融を利用する時には、総量規制に注意が必要です。総量規制とは、年収1/3以上の借入れ不可などの、借り入れ条件に付いて定められた法律です。消費者金融の場合、他社も含めた借入総額が年収の1/3を超える場合、貸付けを禁止されています。

 

借入希望額が年収の1/3を超える場合や、すでに他社でも借入れをしている場合には、注意が必要です。

 

また、総量規制では、借入額によっては収入証明書類の提示が義務付けられています。借入限度額が50万円を超える場合、もしくは他社を含めた借入限度額が100万円を超える場合には、収入証明書類が必要になります。源泉徴収票や所得証明書、納税証明書などの書類を用意しなければなりません。

 

対象になるのであれば、事前に用意しておけばスムーズに手続きが可能になります。

 

銀行は総量規制の対象外ではありますが、だからといって所得証明書類が不要となるわけではありません。借入金額や審査の結果によっては収入を証明する書類が必要となる場合があり、提出をしなければならない場合があります。

 

一定額を超えると提出が必要となるオリックス銀行カードローンの所得証明も金額を問わずに必要となる場合があるので、消費者金融ではなく銀行だからといって所得証明が一切不要となるわけではありません。